山形縣護國神社(公式ホームページ)|山形|神社|参拝|七五三|お宮参り|お祓い・ご祈祷|神前挙式

qrcode.png
http://yamagataken-gokokujinja.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

山形縣護國神社
〒990-0053
山形県山形市薬師町2丁目8-75
TEL:023-631-5086
FAX:023-624-8466
---------------------------------------
祈祷・祈願
---------------------------------------
167383
 

社務日誌(ブログ)

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
芋煮の季節
2018-09-15
芋煮の季節となりました。
山形市では、今年も日本一の芋煮会が催されます。
その日は、境内に美味しそうなにおいが漂います。
 
先月までの暑さも、どこへいってしまったのか、朝晩も涼しくなってきました。
境内では、七五三詣の皆さまも見られるようになりました。
晴れ着を着たお祝いのお子さまと、ご家族の楽しげで賑やかな様子。
主役は七五三のお子さまですが、ご家族にとっても思い出深い記念日となっているようです。
ご祈祷も心を込めて奉仕したく思います。
 
また、境内では、松の剪定、石畳のクリーニング、遺族会館の解体作業が行われております。
まずは、作業が安全に行われますこと祈り、綺麗な境内でご参拝の皆様をお迎えしたいです。
今年も、七五三、お正月と、賑やかな護国神社になるといいです。
 
そして、神社誌「ごこくのいろは」を手に取られた方より、外からは見られない、わからない神社の様子がわかったという感想も聞きます。
神社誌を通して、日々の奉仕や、お祭りの様子が伝わったのだろうと、とても嬉しく思います。
 
まだまだ、暑い日寒い日、落ち着きませんが、体調管理に気をつけて、奉仕していきたいと思います。(阿)
 
ごこくのいろは
2018-09-08
9月にはいり、徐々に涼しい日々が続くようになってきました。今年の夏は大雨、台風の被害、そして北海道では地震起き、停電、土砂崩れなどで多く人が被災されました。一日も早く復旧し元の生活に戻れるようお祈りいたします。
 
さて、当神社は明治2年創建され、来年で150年の節目を迎えます。これを記念し山形県護国神社誌「ごごくのいろは」を発行する運びとなりました。約一年間の編集を経て、神社の歴史はもちろんのこと、神道について、神主・巫女の仕事内容、観光地、グルメといった様々なものを取り入れ、神社に足を運びたくなるような冊子に仕上がりました。写真・イラストを使い神社の難いイメージをなくし、ガイドブック的要素も取り入れました。ぜひ手に取っていただき感想・意見をいただけましたらば幸いです。
「ごごくのいろは」は書店に置いておりません。神社の授与所で無料で頒布しております。先着順となりますのでお早めに神社にお越しくださいませ。
また、県内の図書館、山形市内の公民館・コミュニティーセンターにも寄贈させていただく予定です。(豊)
 
 
 
 
9月となりました
2018-09-01
 8月が終わり、蝉時雨がいつの間にか虫の音へと変わって黄昏時が日一日と早く感じる頃となりました。今夏は全国的に記録的な猛暑に豪雨にと苛まれ、この平成最後の夏は後々まで記憶に残ることと存じます。
 こちらのblogでは初めまして。合縁奇縁の数奇な御縁に因り数年前よりぼちぼち護国神社に御奉仕させていただいております。私にとっては今年の夏は護国神社で過ごす初めての夏でございましたが、数年ぶりの山形の夏は山国の酷暑を思い出すに十分なものでした。
 
 と言うのも昨年一昨年と、8月は島根県におりました。ハイ、出雲です。紆余曲折あって唐突に神職を継ぐ事となり、研修(一般の方からはよく“修行”と言われますが)に行った先が出雲大社のお膝元でした…勿論好き好んで行ったのですが(笑)。出雲と言えば古代日本の重要地でありますが、行ってみれば思い掛けずも私の奉務神社と深い深い御縁があったことに驚きは一入(ひとしお)でした。生涯の内でも一位二位を競う貴重な時をそうした場所で、短期間にせよ過ごせた事は振り返っても感慨深いものが御座います。
 
 ちなみに出雲の名物といえばぜんざい生姜に宍道湖の、海の幸ならのどぐろと多々ありますが、中でも外せないのは何と言っても蕎麦
 出雲蕎麦の食べ方は所謂「割子蕎麦」なのですが、十割蕎麦の店も多く、蕎麦にうるさい山形県民にとっても堪らないこと請け合いです。出雲にお出での際は是非、何軒か食べ歩きをお勧めします。
(もっとも、出雲まで行って蕎麦打ちして来るとは思いませんでしたが…)
(千)
 
夏が終わりますね(^_-)
2018-08-25
長かった夏ももうすぐ終わりますね
 
今年は特に暑い日が続き、このまま涼しい日がやって来ないのではないかと不安になる程でしたが、
最近は夜になると夜風とともに虫の鳴き声が聞こえてくるようになり、少しずつ秋を感じております
 
さて、夏は満喫しましたか?花火大会、お祭り、プール、BBQなどなど楽しいことが沢山ありますね
その中でもやはり私はですねenlightened暑い日に食べるアイス、海で食べる海産物、最高ですね~堪能しましたwink
秋になれば秋の楽しみが沢山・・・やっぱり一番はですかねblush
 
そうだ秋と言えば神社は七五三ですね
毎年、着物やドレスなどおめかししてお参りする子供たちの姿を見るのも楽しみのひとつですlaugh
社頭では、千歳飴を詰めたり、授与品の用意をしたり着々と七五三に向けて準備が始まってます
9月1日より今年の千歳飴をお受けいただけます今年も沢山の笑顔の子供たちと会えるのを心待ちにしております
 
                                                     (井)
 
英霊感謝祭が終わりました
2018-08-16
こんにちは!最近は雨の日が多く蒸し暑くなりますね。 扇風機で空気を循環させるのも大切かもしれません。
 
さて今週水曜日、8月15日終戦記念日英霊感謝祭が当神社で行われました。護国のために戦ってくださった英霊様に感謝し、慰めるお祭りです。巫女は御霊慰めの舞を舞いました。龍笛に歌と太鼓、琴も加わり、より一層音に深みのある舞になったと思います。12時には天皇陛下のお言葉を聴き、黙祷をしました。改めて、英霊様のおかげで今日を平和に暮らせるのだと思っておりました。これからますます、御奉仕頑張りたいと思います。
 
また、手水舎の工事も終わり、写真のように竹から水が出るというようなデザインとなっています。以前より風情があり良くなったのではないでしょうか!ぜひ参拝に訪れた際ご利用ください。 (佐)
   
こちらではお便りやお知らせのダウンロードができます。
ブログでは神主と巫女から神社の奉務日誌や思い、趣味などをお伝えいたします。
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
<<山形縣護國神社>> 〒990-0053 山形県山形市薬師町2丁目8-75 TEL:023-631-5086 FAX:023-624-8466