山形縣護國神社(公式ホームページ)|山形|神社|参拝|七五三|お宮参り|お祓い・ご祈祷|神前挙式

qrcode.png
http://yamagataken-gokokujinja.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

山形縣護國神社
〒990-0053
山形県山形市薬師町2丁目8-75
TEL:023-631-5086
FAX:023-624-8466
---------------------------------------
祈祷・祈願
---------------------------------------
115943
 

社務日誌(ブログ)

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
食欲の秋
2017-10-20
 朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたが、空を見上げれば気持ちの良い秋晴れの空が広がり、気分まで晴れやかになっていくようです。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
 秋と言えば、食欲の秋ですよね!栗、さつまいも、芋煮、ぶどう…。
考えるだけでもお腹が空いてきます
秋が食欲の秋と呼ばれる理由、それは美味しい食べ物がたくさんあるからだけではないそうですよ!
 
 人の身体は寒くなるにつれて、体温を維持するために、多くのカロリーを必要とするそうです。
食欲が増すのは、自然の摂理だったのですね~。
食べ過ぎに気をつけながら、秋の食材を楽しみたいと思います。
 
 十月も下旬に差し掛かり、山々が徐々に色づき始めております。
風が冷たく感じられますので、風邪をひかないよう暖かくしてお過ごし下さい。(大)
 
 
 
七五三
2017-10-12
 初の投稿になります。
9月末からこちらでご奉仕させていただいております新人巫女です。
未熟ながら参拝にいらっしゃった方々、日々お祈りを捧げていらっしゃる皆様のお気持ちに添えるよう、精進して参りますのでよろしくお願い致します。
 
 十月も中頃に入りまして、七五三詣でいらっしゃる方々が増えて参りました。
華やかな装いで、ご家族皆様が笑顔で参拝にいらっしゃるのを拝見しますと私まで幸せを分けていただいているような心持ちになります。
私と私の兄妹も七五三詣ではこちらの護國神社にお世話になったということもり、感慨深いものがあります。
それ故に、そのような一生に一度のこの場に立ち会わせていただいているということに身の締まる思いです。
そして一つ驚いたことに、七五三詣での皆様にお配りしている千歳飴に付いたメダル。
これが私が頂いたものと全く同じもので、それを母に伝えたところその時のメダルが母の実家に保管されているらしいということです。不思議な巡り合わせもあるものだなと思ったところです。
 
終日、9~17時までご祈祷の受付をしております。
職員一同心よりお待ち申し上げております。
(三)
 
 
一期一会
2017-10-07
ここ護國神社で事務員として奉職しているアラサー女子です。
 
二年前、節目となるサーティを迎える前に、年齢を重ねても楽しめる趣味を持とうと思い茶道を習い始めました。
最近は、ようやくお薄を立てられるようになり、お茶やお菓子をいただくだけでなく、お稽古の度に変わるお花や掛け軸やお茶碗など、目で見て楽しむことも覚えてきたところです。
茶道を始めるにあたり、一番最初に先生が話して下さったことがあります。それが一期一会です。一期一会とは、茶道に由来することわざで、茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返されることのない、一生に一度の出会いであるということを心得て、亭主・客共に互いに誠意を尽くす心構えを意味しており、一期は一生、一会は一度の出会いといういう意味で、人と人との出会いは一度限りの大切なものといった意味で使われるそうです。
週に一回のお稽古も一度限り、お茶会での出会いも一度限り、そのときそのときを大事にしてください、というお話をしていただきました。
このような気持ちで臨む方が多いせいか、お茶会で写真撮影をしている方をあまりお見かけしません。
今はカメラや携帯で何でも残せる時代。大事な思い出を映像に残し、何度でも振り返ることができるというのはとても素晴らしいこと。ですが、一瞬しかないその瞬間を、目で観て心で想う、こんな時間もたまにはよいのではないでしょうか。
 
 
神社を参拝したい気分
2017-09-30
馬見ヶ﨑に沿って歩くと、良いにおいが漂ってきます。いよいよ芋煮の美味しい季節ですね
皆様体調はいかがでしょうか?季節の変わり目は崩しやすくなりますので、ご自愛下さいませ。
 
さて、私は今回が初投稿であります。拙い文章ではございますが、ご容赦下さい。
 
 
それでは例にならって、軽く自己紹介をさせていただきます。
 
平日は大学で学び、休日は巫女としてご奉仕しております。趣味は読書と楽器を吹くことです。
幼き頃から神社仏閣を廻ることが多く、家族の影響で神道には親しみを持って育ちました。
 
 
皆様は境内に入ると、
いつも過ごす町とは、少し雰囲気が異なるせいか、
自然が豊かに感じられるからか、
それとも、神様のおかげかはわかりませんが、
 
時間が緩やかに流れ、
少し暖かいような、気持ちが良いような。。。
 
そのように感じたことはございませんか?
 
私はその感覚が好きで、それなりに成長した後も、日々の節目節目には参拝する事が習慣でありました。
これが巫女になった理由のうちの一つです。
 
 
少し行き詰まりを感じたら、ご参拝なされるのはいかがでしょうか?
ご自身の気持ちに身を任せ、ぜひお越し下さいませ。
ちょっぴり心に余裕が生まれるかも知れません(仲)
 
 
神社で気に入っているもの、その1
2017-09-23
 
残暑の厳しさも和らぎ、夜に鳴く虫の声山のススキを見るとひしひしと秋を感じている今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
 
私はこの神社でご奉仕を始めて約一年が経ちました。
ということで、本日は私がこの一年間で見つけた神社の中の気に入っているものをご紹介させていただこうと思います!
 
写真にあげているものは、ご奉仕の際に巫女がしている髪飾りです。髪飾りは神社ごとに異なっていますが、護國神社は白布とのしと丈長をつけています。
髪飾りの見た目も華やかなことながら、装束を身にまといこの髪飾りをつけると今日も一日頑張ろう!!という気合いが入ります。
最初はつけることも難しいので、お互いに付け合ったりもしていました。今は私も素早く一人でつけられるようになりましたが(^▽^)
 
本日はこのへんで。寒暖差が厳しくなって来ましたが体調を崩さず冬を迎えましょう。(向)
   
こちらではお便りやお知らせのダウンロードができます。
ブログでは神主と巫女から神社の奉務日誌や思い、趣味などをお伝えいたします。
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
<<山形縣護國神社>> 〒990-0053 山形県山形市薬師町2丁目8-75 TEL:023-631-5086 FAX:023-624-8466