山形縣護國神社(公式ホームページ)|山形|神社|参拝|七五三|お宮参り|お祓い・ご祈祷|神前挙式

qrcode.png
http://yamagataken-gokokujinja.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

山形縣護國神社
〒990-0053
山形県山形市薬師町2丁目8-75
TEL:023-631-5086
FAX:023-624-8466
---------------------------------------
祈祷・祈願
---------------------------------------
158838
 

社務日誌(ブログ)

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
七変化
2018-06-15
安定しない天気が日々続いています。今年もこの時期がやって参りました。最近は夜でも暖かくて寝苦しいこともありましたが今は肌寒く、穏やかに吹く風さえも冷たく感じます。暦の上では入梅を記していますが今はまだ雨が続いたという印象はあまりありません。
 
この時期に見頃を迎える花と言えば、私は紫陽花を思い浮かべます。
紫陽花の代表的な花言葉は「移り気」です。これは土によって花が色を変えることに由来します。
マイナスな花言葉の紫陽花は大切な人へ贈り物には避けられていましたが最近では沢山の小さな花が集まり、寄り添って咲く姿から「家族団欒」という花言葉も広がり、贈り物や結婚式のブーケに取り入れる人も増えているそうです。
そんな紫陽花には色によって違った花言葉を持っています。紫陽花の他にも色に意味を込めた花言葉を持つ花はあります。
大切に思う人にこそ、花に思いを込めて贈りたいと思いました。
紫陽花は帰り道にも咲いていました。何気なく見てみると蕾が膨らんでもうじき咲きそうです。中にはほとんど花開いて、間もなく満開を迎えそうな木もありました。咲き始めは葉の色に近いクリーム色の花ですが土の成分により成長するに連れて少しずつ変わって行きます。毎年いつの間にか咲いて、気がつくと花びらは茶色に変わっていました。今年は咲き始めから変化していく色合いにも目を向けて、満開に咲き誇る姿を見ることが出来れば良いなと思います。
 
もう少し先ではありますが暑さは増し始めて今年もまた夏本番がやってきます。
これからもお身体には十分にお気をつけて、巡る季節をお過ごし下さい。
皆様の御多幸と御健勝をお祈り申し上げます。  (渡)
 
 
お祝い
2018-06-02
 春の暖かな日差しから、初夏の爽やかな日差しへ
春服から夏服へ変わりつつある街の人々をみて、私も慌てて準備をしました。
季節の変わり目は心が踊るようです。今年はどんな夏になるかな~
 
 実は5月下旬に甥っ子が生まれまして、私…叔母さんになりました!
赤ちゃんはとても温かくて小さく繊細で、家族全員で見守っております。
ミルクを飲む量が徐々に増えていき、これからも元気にすくすくと育ってほしいものです。
 
姉と甥っ子が退院した日の夜はお祝いということで、晩御飯はいつもより贅沢な山形牛を使ったすき焼きで、皆で美味しくいただきました
誕生日、記念日、テストや大会で良い成績を出した際などの、お祝いで食べる料理はどんなものが多いでしょうか?
ちょっと贅沢な外食、手の込んだ家庭料理、山形だとラーメン・芋煮なども多いような気もします
 
 記念日を大事にして、料理でお祝いするのは素敵な習慣ですよね。
間もなく誕生日の友人もいますので、友人の好きなケーキでお祝いしたいと思います (安)
 
 
 
6月になりました。
2018-06-01
今日から水無月です。
山々の緑が生い茂り、水の張った田に美しい景色を描いています。
九州などでは梅雨に入り、ジメジメとした天気が続いているようです。
山形でも雷が鳴ったり急に雨が降り出したりと、安定しない天気に悩まされております。
もうじきアジサイも綺麗な花を咲かせる事でしょう。
さて、今日6月1日は「氷の朔日(こおりのついたち)」などと言われています。
昔宮中で、冬の間に保管していた氷を氷室から出して群臣に分け与えたといわれています。
民間では正月の餅を凍み餅にしておき、この日に食べる、という風習が伝えられています。
暑さが増してくる時期に、涼を感じようとした昔の人の知恵を感じますね。
これから梅雨になり、次第に夏らしくなってきます。
徐々にかき氷が恋しくなる季節となります。
折角の「氷の朔日」ですので、今年のかき氷の食べ初めをしてはいかがでしょうか。
暑い日々が始まりますが、どうぞ身体にお気をつけて過ごして下さい。(深)
 
爽やかな5月
2018-05-25
5月に入り、ゴールデンウィーク、植木市、春季例大祭、慌ただしく過ごしておりましたが、最近の境内は少し落ち着いたようです。
ただ、気温が暑かったり、寒かったりで、体調を崩される方も多いかもしれません。
 
通勤時見える田んぼも、だいぶ田植えが終わったようです。
田んぼに水が入ると、少し涼しくなり、夜はカエルの大合唱です。
山の緑も濃くなり、爽やかで生命力を感じます。
今年も変わらないような景色ですが、厳しい冬を耐えたご褒美に思います。
 
境内では、つつじの植え込みに蔓が巻き付いています。
ヘクソカズラとヤブガラシのようです。
除草をしておりますが、上に伸びてきたものを引っ張っているだけですので、例年の作業となります。
幹の堅い木のようなものも生えていて、これはのこぎりで切ります。
作業中毛虫に刺されたことがあり、必ず長袖を着ています。
 
5月も間もなく終わろうとしています。
体調管理に気をつけて、奉仕に励みたく思います。(阿)
 
祭りの後
2018-05-18
例大祭も終わり静かな社頭を迎えております。毎年ご奉仕して思うのですが300名近くのご参列をいただき、祭典を斎行いたしますが祭典後はあっという間に静かになります。先ほどまでのにぎにぎしさが嘘のようです
天候にも恵まれ、素晴らしい祭典になりました。皆様に厚く御礼申し上げます。
 
さて、境内にはつつじが見ごろを迎えております。馬見ヶ崎川沿いに咲いており、通行する方々の目を楽しませております。
白つつじがメインですが最近は自然交配がすすんだのでしょうか?紫や赤などもみられるようになりました。
 
5月5日は立夏です。神社では衣替えが行われます。ちょっと早いですよね。これは宮中に倣い、「立夏」「立冬」で衣替えをするのです。夏用の涼しげな装束でご奉仕申し上げますので、どうぞご覧になってください
 
これからは境内整備の毎日です。草刈り、草取り、除草剤散布などなどきれいな境内を保つためにも頑張ります。(豊)
   
こちらではお便りやお知らせのダウンロードができます。
ブログでは神主と巫女から神社の奉務日誌や思い、趣味などをお伝えいたします。
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
<<山形縣護國神社>> 〒990-0053 山形県山形市薬師町2丁目8-75 TEL:023-631-5086 FAX:023-624-8466