山形縣護國神社(公式ホームページ)|山形|神社|参拝|七五三|お宮参り|お祓い・ご祈祷|神前挙式

qrcode.png
http://yamagataken-gokokujinja.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

山形縣護國神社
〒990-0053
山形県山形市薬師町2丁目8-75
TEL:023-631-5086
FAX:023-624-8466
---------------------------------------
祈祷・祈願
---------------------------------------
124709
 

社務日誌(ブログ)

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
11月の123
2017-11-04
境内を囲む山々も色づき、雪の便りも聞こえてきます。
閉門時間の頃にはすっかり暗くなり、銀杏の匂いが漂う中、きれいなお月さまが見える日もあります。
 
11月に入り、1、2、3日と慌ただしい日が続きます。
1日は秋季慰霊祭の準備があります。
今年も隊友会の皆さまより境内の落ち葉清掃をしていただきました。
夕方には岳風会の皆さまより詩吟の奉納を賜りました。
 
2日は秋季慰霊祭です。
今年も大きなトラブルなく、恙なく慰霊祭を納めることができました。
ご奉納いただきました菊も大輪の花を咲かせておりました。
 
3日は明治節、文化の日です。
この日は例年七五三のご祈祷で賑わいます。
今年は六曜が大安となっておりました。
私は地鎮祭、結婚式の奉仕に出向いたしました。
一日中大変天気が良く、気持ちよくご奉仕させていただきました。
 
これから年末に向けて、さらに慌ただしくなってくると思います。
それでも一つ一つ丁寧に仕事に励みたいです。
寒くなってきましたので、鍋やおでんを食べて、体を中から温めたいと思います。(阿)
 
靖国神社と菊
2017-10-28
先日、10月18日より靖国神社秋季例大祭が三日間にわたり斎行されました。
この度全国の護国神社の神職の中で機会を得まして、ご奉仕させていただきました。朝の潔斎(禊)から始まり、日々の神饌(神様へのお供え)の準備や飾り方、祭典奉仕の作法などお手伝いさせていただきました。とても参考になり、山形でもとりいれていかなければとしみじみ感じました。ご英霊に対する気持ち新たなものにし、益々後世に伝えていかなければと強く心にしました。お世話になりました職員の皆様ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。
 
祭典期間中は様々な芸能奉納があり、能や狂言、神楽、踊りや演舞、合唱など境内の中は賑やかで、また菊の奉納展示があり多くの参拝者があふれておりました。
 
さて、山形の護国神社も境内が徐々に気温の寒暖差が大きく、木々も色づいております。七五三の時期でもあり、土日は綺麗な着物で着飾ったお子様たちでにぎわい始めました。当神社にも毎年ですが菊花の奉納がありました。山形市の阿部様より見事な菊をご奉納いただきました。これから、神前で写真を撮られる人がたくさんおりますので、華やかに彩ってくれることでしょう。(豊)
 
食欲の秋
2017-10-20
 朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたが、空を見上げれば気持ちの良い秋晴れの空が広がり、気分まで晴れやかになっていくようです。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
 秋と言えば、食欲の秋ですよね!栗、さつまいも、芋煮、ぶどう…。
考えるだけでもお腹が空いてきます
秋が食欲の秋と呼ばれる理由、それは美味しい食べ物がたくさんあるからだけではないそうですよ!
 
 人の身体は寒くなるにつれて、体温を維持するために、多くのカロリーを必要とするそうです。
食欲が増すのは、自然の摂理だったのですね~。
食べ過ぎに気をつけながら、秋の食材を楽しみたいと思います。
 
 十月も下旬に差し掛かり、山々が徐々に色づき始めております。
風が冷たく感じられますので、風邪をひかないよう暖かくしてお過ごし下さい。(大)
 
 
 
七五三
2017-10-12
 初の投稿になります。
9月末からこちらでご奉仕させていただいております新人巫女です。
未熟ながら参拝にいらっしゃった方々、日々お祈りを捧げていらっしゃる皆様のお気持ちに添えるよう、精進して参りますのでよろしくお願い致します。
 
 十月も中頃に入りまして、七五三詣でいらっしゃる方々が増えて参りました。
華やかな装いで、ご家族皆様が笑顔で参拝にいらっしゃるのを拝見しますと私まで幸せを分けていただいているような心持ちになります。
私と私の兄妹も七五三詣ではこちらの護國神社にお世話になったということもり、感慨深いものがあります。
それ故に、そのような一生に一度のこの場に立ち会わせていただいているということに身の締まる思いです。
そして一つ驚いたことに、七五三詣での皆様にお配りしている千歳飴に付いたメダル。
これが私が頂いたものと全く同じもので、それを母に伝えたところその時のメダルが母の実家に保管されているらしいということです。不思議な巡り合わせもあるものだなと思ったところです。
 
終日、9~17時までご祈祷の受付をしております。
職員一同心よりお待ち申し上げております。
(三)
 
 
一期一会
2017-10-07
ここ護國神社で事務員として奉職しているアラサー女子です。
 
二年前、節目となるサーティを迎える前に、年齢を重ねても楽しめる趣味を持とうと思い茶道を習い始めました。
最近は、ようやくお薄を立てられるようになり、お茶やお菓子をいただくだけでなく、お稽古の度に変わるお花や掛け軸やお茶碗など、目で見て楽しむことも覚えてきたところです。
茶道を始めるにあたり、一番最初に先生が話して下さったことがあります。それが一期一会です。一期一会とは、茶道に由来することわざで、茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返されることのない、一生に一度の出会いであるということを心得て、亭主・客共に互いに誠意を尽くす心構えを意味しており、一期は一生、一会は一度の出会いといういう意味で、人と人との出会いは一度限りの大切なものといった意味で使われるそうです。
週に一回のお稽古も一度限り、お茶会での出会いも一度限り、そのときそのときを大事にしてください、というお話をしていただきました。
このような気持ちで臨む方が多いせいか、お茶会で写真撮影をしている方をあまりお見かけしません。
今はカメラや携帯で何でも残せる時代。大事な思い出を映像に残し、何度でも振り返ることができるというのはとても素晴らしいこと。ですが、一瞬しかないその瞬間を、目で観て心で想う、こんな時間もたまにはよいのではないでしょうか。
 
   
こちらではお便りやお知らせのダウンロードができます。
ブログでは神主と巫女から神社の奉務日誌や思い、趣味などをお伝えいたします。
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
<<山形縣護國神社>> 〒990-0053 山形県山形市薬師町2丁目8-75 TEL:023-631-5086 FAX:023-624-8466