山形縣護國神社(公式ホームページ)|山形|神社|参拝|七五三|お宮参り|お祓い・ご祈祷|神前挙式

qrcode.png
http://yamagataken-gokokujinja.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

山形縣護國神社
〒990-0053
山形県山形市薬師町2丁目8-75
TEL:023-631-5086
FAX:023-624-8466
---------------------------------------
祈祷・祈願
---------------------------------------
199393
 

社務日誌(ブログ)

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
まだまだ寒いですね。
2019-02-16
段々と雪が溶けてきて、春の暖かさがそろそろやって来るかと思っていたら、また今日雪が降りました。まだまだ寒い日が続きそうです。
 
11日は建国記念日と言うことで紀元祭が斎行されました。平成最後の紀元祭なのでますます特別な感じがしました。次は新しい元号で迎えることになりますが、まだ実感が湧かないです。SNSではいろんな予想がされていて沢山の候補がありますが、はたしてその中に正解はあるのでしょうか。どんな元号になるのか楽しみです。laugh
 
暖かい日もあれば寒い日もあるという気温の変化がある季節の変わり目の時期なので、体調管理に気をつけたいと思います。皆さんもどうかお気をつけください。 (佐)
 
豆撒き
2019-02-05
 新年の慌ただしさも落ち着きまして、あっという間に2月に
2月は28日間しかないので、今月も瞬く間に過ぎてしまう気がしますね…
 
 さて、2月3日は節分でしたね。
節分とは各季節(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことで、季けることを意味しています。
豆撒き・恵方巻きをされた方も多いのではないでしょうか??
私も小さい頃は、鬼のお面をかぶった父に豆を投げて追いかけ回していました
北国では、豆撒きで殻付き落花生を使う方が多いようです。
落ちても拾いやすく、衛生的なのかもしれませんね
 
 2月4日には立春になりましたが、神社にも雪があり春はまだまだ先のようです。
山形では「あと何回雪かきすらんないんだべ~」と話になる時期かもしれませんね笑
路面が凍ることも多いので車の運転には特に気をつけたいと思います   (安食)
 
 
 
 
二月です
2019-02-01
周りの山々は雪化粧をし、里も白く彩られ、すっかり見慣れた冬の景色となりました。
今日から2月です。
あっという間に1月が終わり、今年も残すところ11ヶ月となりました。
1月は行く、2月は逃げるというように、あっという間に月日が経ってしまうようです。
受験シーズンが本格的に始まっておりますが、寒い日が続いており、体調や路面状況など心配の種が多いことと思います。
特に今はインフルエンザも流行しており、十分に気をつけたいところです。
実は私も先日風邪をひいてしまい、40度近い高熱が出ました。
インフルエンザを疑ってすぐに病院に行ったのですが、幸い検査結果は陰性で、養生すればすぐに治るというものでした。
寒さで体調を崩しやすい季節ですので、風邪やインフルエンザの予防に努めたいものです。
予防方法としては、第一に手洗いが薦められております。
手のひらを洗うだけでなく、石けんを使って指の間や爪の間、手の甲、手首までを30秒くらい時間をかけて洗うと良いとされています。
また、洗った後もう一度手洗いを行うと尚効果的だと言われています。
洗いすぎると手が荒れてしまうので、手のケアにも気をつけたいところです。
皆さんも手洗い等の予防をして、風邪などにかからないよう注意しましょう。
もうすぐ立春です。
いつの間にか春は近くまで来ているのですね。
来る春を楽しみに、一番寒い時期を乗り切りましょう(深)
 
絵馬について
2019-01-26
お正月の慌ただしさもだいぶ落ち着いたようです。
つい2、3週間前は「今年は雪降らなくていいねー」などと言っていたのですが、ここは山形。
今週の雪で境内も真っ白になりました。
山形市より北上すれば、例年の豪雪です。
交通、除雪の事故には十分気をつけたいです。
 
お正月お参りされたか皆様より、たくさんの絵馬を奉納いただいております。
絵馬というと、五角形の板にお願いごとを書いて奉納する、というイメージがあると思います。
でもどうして、「絵馬」というのでしょう。
 
それは、神様の乗り物として、本物の生きた馬が神々にお供えされたことに由来します。
その後、この代用として馬象や、さらに簡略化された絵馬が奉納されるようになりました。
神様の乗り物として、献上される馬の事を、神馬「しんめ」と呼びます。
絵馬には本来馬が描かれますが、時代や人々の願いとともに、馬以外の絵も描かれるようになりました。
当社の「諸願成就絵馬」には一昨年奉納された狛犬が描かれております。
 
受験シーズンを迎え、受験を受けられる皆さんには、体調に気をつけて万全の態勢でお望みいただきたく思います。
もう暫く、除雪を頑張ろうと思います。(阿)
 
平成31年の新しい年を迎えました
2019-01-19
皆様、新年あけましておめでとうございます。大変遅くなりました。もうすでに年明けから半月が過ぎたのですね。早いものです。
今年は当社にとって節目の年なんです。明治2年戊辰の役で倒れられた薩州藩の兵士をお祀り始めてから150年を迎えます。
この間山形県招魂社、山形県護国神社、千歳宮、山形県護国神社と改称を繰り返し、多くの御祭神を合祀し現在に至っております。多くの激動の時代を県民の皆様とともに歩んでまいりました。これは常に県民の皆様が神社にお心を寄せていただいているからと感じております。今は様々な祈願を受けに多くの参拝者でにぎわっております。
また、5月には御代替があり平成の世から新しい世に代わります。このスタートの年に当社も次の50年に向けて歩み始めます。(豊)
 
 
 
 
 
 
   
こちらではお便りやお知らせのダウンロードができます。
ブログでは神主と巫女から神社の奉務日誌や思い、趣味などをお伝えいたします。
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
<<山形縣護國神社>> 〒990-0053 山形県山形市薬師町2丁目8-75 TEL:023-631-5086 FAX:023-624-8466