山形縣護國神社(公式ホームページ)|山形|神社|参拝|七五三|お宮参り|お祓い・ご祈祷|神前挙式

qrcode.png
http://yamagataken-gokokujinja.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

山形縣護國神社
〒990-0053
山形県山形市薬師町2丁目8-75
TEL:023-631-5086
FAX:023-624-8466
---------------------------------------
祈祷・祈願
---------------------------------------
124709
 

社務日誌(ブログ)

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
夏本番
2017-07-21
 の鳴き声が朝から聞こえるようになりました。
最近では30度を超える日も多くなり、いよいよ夏本番となりましたね。
熱中症が発症しやすいこの季節、室内でもこまめに水分補給をとり、熱中症予防に心掛けております。
 
 7月17日は海の日でしたが、皆様は海に行かれましたか?
私は年に一度は行っていたのですが、今年はまだ行けておりません
海の家で食べる物と言えば→焼きそば、かき氷、イカ焼き、ラムネなど
外で食べるとても美味しく感じますよね。
これから花火大会などのお祭りも各地で行われますし、を満喫したいと思います
 
 さて、まもなく土用の丑の日
なんと江戸時代から土用の丑の日はを食べることが定着していたそうです。
鰻の蒲焼きのタレもふっくらとした身と相性抜群
夏ばてしないためにも鰻を美味しく頂きたいです。 (安)
 
 
 
暑い日が続いています。
2017-07-15
梅雨明けはまだだというのに、暑い日が続いています。
今年は7月7日が暑さが増してくると言われる小暑を過ぎ、日々暑くなっております。
地球の設定温度を下げられれば、と思ってしまいます。
さて、暑い中で気をつけなければならないのが熱中症です。
地鎮祭など、外でご祈祷をする機会が多くありますが、直射日光にさらされ、頭痛がすることがあります。
猛暑日になると、熱中症で病院に運ばれた方のニュースが報じられますが、自分は大丈夫と思わずにしっかりと対策をすることが大事です。
熱中症にならないよう、十分に睡眠をとって体調を整え、暑い中で外に出るときは必ず水分や塩分を補給しましょう。
こまめに休憩をすることも大切です。
もしも熱中症のような症状が出たら、すぐに涼しい処で休憩し、体温を下げるようにしましょう。
酷いようなら医療機関を受診し、手当てを受けましょう。
これから暑さがピークを迎える大暑を迎えます。
皆様も体調には十分ご注意の上、夏をお楽しみ下さい。(深)
 
境内の苅り込み
2017-07-08
七月に入り、下半期に入りました。
タチアオイやアジサイの花が咲いているのを見るようになりました。
 
境内の刈り込み(つつじやアセビ)、赤松の葉っぱもだいぶ伸びました。
職人さんにきれいに苅ってもらいました。
すっきりさっぱりした赤松をみると、不思議と散髪にいって、すっきりした人を見るような心持ちがいたします。
 
また、併せて草刈りも行いました。
草を刈りをすると、これも気持ちがすっきりします。
「大祓詞」に「彼方の繁木が本を焼鎌の敏鎌以ちて打掃ふ事の如く」という一説があります。
繁った木々を鋭い鎌でことごとくなぎ払うように、あらゆる罪や穢を祓い清める神様の様子を思い浮かべます。
昔の人も、草刈りをするとさっぱりした気持ちになったんだろうな、と思います。
 
下半期、皆様災いなく、健康で、平穏にお過ごしいただくこと、お祈りしながら、日々の奉仕に務めたく思います。(阿)
 
上半期の終わり
2017-06-30
 6月下旬になるとホタルが見ごろになります
私の住まいの近くにホタルの里があり、ゲンジボタルが飛び交う幻想的な雰囲気はいまだ残されている日本の原風景であり、自然豊かなところで育ってきたことをうれしく思います。多くの皆様にみていただきたいですね
ホタルは雨あがりの蒸し暑く、風のない日。また月明かりの無い日がたくさんみられるそうですよ。
これからはヘイケボタルが見ごろになります。
 
 さて、今日は一年を二つに分け上半期の最後の日であります
暦では大祓(夏越の大祓)の日となっていて上半期の罪穢を祓い、下半期に生きる活力を得て健康に過ごすため、全国の神社等で神事が行われます。
当社でも大祓が行われ、職員全員で大祓詞を奏上し、玉串を捧げました。
 
 これから八月には新しい狛犬も奉納され皆様にもご覧にいただけるかと思いますが、さまざまな行事が行われますので職員気を引き締めて日々の神明奉仕に励んでまいりたいと思います。(豊)
 
 
夏至
2017-06-18
6月21日は夏至でございました
 夏至は1年で1番お昼の時間が長い日の事で、逆に1番お昼が短い日を冬至と言いますよね
夏至と冬至では5時間もの差があるそうです
 
1番日が長く、太陽熱エネルギーが最大の夏至ですが最も暑くなるのは夏至の約1ヶ月後で、地面や海水の熱がだんだん溜まり、夏至過ぎがピークということなんですね
身体にも気づかないうちに熱がこもり知らぬ間に熱中症に、、、という場合もございますのでお気をつけて下さい
 
当社は暑さ対策にグリーンカーテン(ゴーヤ)を設置いたしました
 ゴーヤの花言葉は「強壮」です。
まだ小さい苗ですが、花言葉通りの、強くて健康的雨降りの天気にも負けない元気な苗に育って欲しいと願っております
 
皆様も、暑さなどにお気をつけてお過ごし下さい (佐)
   
こちらではお便りやお知らせのダウンロードができます。
ブログでは神主と巫女から神社の奉務日誌や思い、趣味などをお伝えいたします。
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
<<山形縣護國神社>> 〒990-0053 山形県山形市薬師町2丁目8-75 TEL:023-631-5086 FAX:023-624-8466