山形縣護國神社(公式ホームページ)|山形|神社|参拝|七五三|お宮参り|お祓い・ご祈祷|神前挙式

 

社務日誌(ブログ)

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
ハワイへ行ってきました。
2019-07-13
先日休みをいただき、日本を抜け出してハワイまで行ってきました。
ダイヤモンドヘッドを登ったりワイキキビーチで泳いだりと、日常を忘れて楽しく過ごす事が出来ました。
和食が恋しくなるかと思いきや、ハワイでも米を使った料理が多く、親しみのある味を堪能してきました。
名物の大きなパンケーキなどはなかなか苦戦致しましたが。
さて、ハワイにも神社がいくつかあります。
今回ハワイ出雲大社に参拝してきました。
かつての日本人入植者によって建立され、先日創建120年のお祭りを行ったそうです。
しかし戦中戦後は敵国の施設と見なされ、自由な活動が出来なくなったと聞きます。
それでも現地の方々の大変な尽力により、神社として復帰することが出来たそうです。
当時の方々の努力を思うと、頭が下がります。
ハワイ出雲大社は神社ですが、狛犬がレイというハワイの花輪をかけていたり、英語の説明があったりと現地の文化に溶け込んでいました。
こうした現地とうまく馴染んで存在できることは日本文化の良さだと思います。
皆様もハワイに行かれた際はご参拝されてはいかがでしょうか。
小暑の日を過ぎてそろそろ暑くなってきます。
体に気をつけて日本の夏を愉しみたいですね。(深)
 
さくらんぼの季節
2019-07-05
 
 雨が降ったり、曇りだったり、じめじめするようなこの季節。
最近体調管理が出来てないのか、また私は風邪気味です
 
 6月上旬から梅雨入りしましたが、梅雨明けはいつになるのでしょうね
梅雨の時期=さくらんぼの時期でもありますよね!
私はさくらんぼが大好きなので、この雨の時期も憂鬱にはなりません♪♪
佐藤錦・紅秀峰・紅てまり・南陽…たくさんの品種があるので、飽きることなく楽しめますね!
 
 先日、姉夫婦と甥っ子と一緒に動物園に行ってきました。
10年以上動物園に行く機会が無かったので、動物たちはゲージの中にいると思っていたのですが、同じ空間にいて手が届きそうなほど近くで見ることも出来て驚きました!
そして、なんとカピバラと触れ合えるコーナーもありまして、大満足の1日でした
一歳の甥っ子も動物と触れ合えてとても楽しそうにしていたので、また一緒に出かけたいと思います!  (安)
 
 
 
今年も折り返し地点に
2019-06-29
今週は雨予報。
近年、梅雨らしい天気がなくいきなり真夏日ということがあったと思います。
久方の梅雨空に安心もしますが、全国では長雨による災害もあり、また農作物への影響もあるようで心配な様子です。
 
今年も早くも折り返し地点を迎えようとしています。
6月30日には夏越しの大祓が全国の神社で行われます。
当神社もこの日に大祓を行う予定です。
天気が気になるところですが、多くの方にご参列いただきたいと思います。
 
また、境内では参道石畳の目地工事が行われております。
長年雨風にさらされ痛みが激しく、この度着工する運びとなりました。
夏の間の工事期間中、お参りの皆様にご迷惑なることもありますが、ご理解いただきますようお願いいたします。
無事に完成した暁には、七五三詣の皆様を気持ちよくお迎えできると思います。
 
タチアオイが咲くころ梅雨が明けるといいます。
先日プール開きのお祓いもありました。
お祭りや花火にかき氷と楽しみの多い夏がもうそこまで来ております。
体調管理に気をつけて、災い無く楽しめたらよいと思います。(阿)
 
護国の縁みくじ(*^_^*)
2019-06-23
全国的におみくじがブームということで最近よくテレビでも特集されていますね護國神社でもお正月から種類を増やしましたyes特に人気なのがこの縁みくじです写真では伝わりづらいのですが、幾つもの種類の和紙を使ったおみくじでとても可愛いんですパステルカラーをベースにした色味で色とりどりどれをひくか迷ってしまいますよねfrownぜひ、実際にお手にとって見ていただきたいです中には、友人、家族、金運、恋愛など色々な縁を意味している水引の縁起物が入っておりますお財布やカバンにお持ちになってください
この世の中はすべて縁でつながっております。それがたくさん集まると円(えん)となりすべてがま~るく収まるのかなangel(井)
 
さくら陶板
2019-06-15
先日靖国神社に行ってまいりました。靖国神社では今年御創立150年を迎え様々な記念事業を行っております。その中でも一番大きい事業でありました「さくら陶板」の完成披露が行われ、250名以上の参加者もと盛大に行われました。
この「さくら陶板」は全国47都道府県の土を使い、日本が誇る伝統文化、陶磁器を用いて桜のモチーフの陶板を各県の著名な陶工に制作を依頼、奉納いただいたそうです。陶板はモニュメントとして参道の「慰霊の庭」に建立されました。靖国神社の境内に故郷の陶板があることは御祭神と故郷をつなぐものとして大変意義深いものがあります。各陶工の思いやデザインが表現されており、各県の護国神社の鎮座地や遺族会も記載されております。ぜひ多くの皆様に足を運んでいただき実物をみていただきたいと思います。(豊)
   
こちらではお便りやお知らせのダウンロードができます。
ブログでは神主と巫女から神社の奉務日誌や思い、趣味などをお伝えいたします。
 

▼お気軽にお問い合わせください

▼お気軽にお問い合わせください
 
<<山形縣護國神社>> 〒990-0053 山形県山形市薬師町2丁目8-75 TEL:023-631-5086 FAX:023-624-8466