本文へ移動

社務日誌(ブログ)

ブログ

6月がやってきました

2020-06-05
停止中の手水舎
お見せできるはずだった花手水
いつの間にか咲いていました
 月が開けて6月を迎え、早いもので今年も上半期最後の月となりました。
 
 今年の上半期は何を置いてもまずは新型コロナウィルス感染症の問題だったと思います。日本でも学校の休校から緊急事態宣言発令まで瞬く間にことが進み、当神社でも授与所を閉鎖し御祈祷も組数を制限して密集を避ける等、目まぐるしく対応に追われました。例大祭等の祭典も異例の参列者無しの斎行と、異例づくしの数ヶ月となってしまいました。
 幸いにも山形県は早期に封じ込めに成功したのか、このブログを記している今日まで1ヶ月以上新規感染者の報告がありません。しかし、感染症予防のため4月に早急に利用停止した正面の手水舎は、現在も再開の目を見ずにおります。今年はInstagramを開始した事もあり、花手水にて涼やかに皆さんをお迎えするつもりでしたが…実に残念です。
 昨年の春は、山形市立第三小学校の皆さんがこの手水舎の隣の花壇にパンジーを植えに来てくださいました。植木市の頃にはすっかり根付いて、秋まで色とりどりに咲き乱れていたことを思い出します。実は植栽をして貰うにあたりパンジーの下の土を入れ替えて枯れないようにと手を尽くしておいたと言うのはここだけの話…ウィンクしたニンマリ顔
 
 そんな折、全く何もしていなかったパンジーの場所に気付けば今年も花が咲いておりました。僅かですが、残った根からいつの間にか芽を出していたのですね。昨年の花壇とは見違えるほど慎ましいながらも、白と藤色の花がしっかりと咲いております。
 草花の力強さに感心しながらも、着実に新しい時代、まずは感染症に負けない「新しい生活様式」を踏まえた社会を培っていかなくてはと思いました。 (千)
山形縣護國神社
〒990-0053
山形県山形市薬師町2丁目8-75
TEL:023-631-5086
FAX:023-624-8466
---------------------------------
祈祷・祈願
---------------------------------
2
6
0
6
1
7
TOPへ戻る