本文へ移動

社務日誌(ブログ)

ブログ

研修旅行④

2020-07-10
7月に入り、梅雨の時期特有のじめじめとした空気が続いています。暑い日は蒸し暑くなるので注意が必要ですね。  
さて、研修旅行④ということで最後に向かったのは、山形市の印鑰神明宮です。御祭神は天照大神様、豊受大神様だそうです。周りは住宅や公園のある所でしたが、広い敷地で木に囲まれており、神社の風格を守っているようでした。鳥居ではなく東御門という、伊勢神宮内宮にある皇室の方々と神宮の祭官が通る御門の古材を拝領し、この地に復元したという立派な門をくぐり、拝殿へ向かいました。
印鑰神明宮を創建された大野東人という方が伊勢神宮で授かった銀の鍵を旗竿につけて戦った所、戦に勝利したため、その神恩に感謝してこの銀の鍵を祀ったそうです。この印鑰神明宮には銀の鍵をはじめ、神宮より鏡、盾、矛の御宝物を拝受し、お祀りしているそうで、数々の御宝物のある貴重な神社なのだと思いました。
また、境内には山形大火の際その石の前で火が止まったと言われ、それを祀るために移してきた石碑がありました。その付近には境内神社として八幡神社、鹿島神社、春日神社が鎮座されておりました。
銀の鍵をはじめとする御宝物を代々守り続けてきたということを聞き、神社の長い歴史を感じておりました。
今回の研修旅行で山形県内4神社を参拝に回り宮司さんよりお話を聞くことができ、とても貴重で勉強になる体験となり、良い研修旅行になったと思いました!
今は感染の危険があるため県外にはなかなか行けませんが、山形県にもこれらの神社をはじめとする多くの神社がありますから、まだ行ったことのない県内の神社にも行ってみようと思いました!(佐)

立派なお社
東御門
石碑
山形縣護國神社
〒990-0053
山形県山形市薬師町2丁目8-75
TEL:023-631-5086
FAX:023-624-8466
---------------------------------
祈祷・祈願
---------------------------------
2
6
0
6
1
6
TOPへ戻る