本文へ移動

社務日誌

ブログ

コロナ禍での神社参拝に向けて

2020-10-07
コロナ対策
流水でお清め下さい
朝晩はめっきり寒くなり暖房が必要なくらいですね。
明日は二十四節気の「寒露」です。露も次第に寒冷となる時期で、境内の枝垂れ桜は葉を落とし始め少しづつ深まる秋を感じているところです。

さて、神社も徐々に七五三詣でのお子様連れの参拝者が増えており、賑やかになっております。今年はコロナ禍での参拝ということで神社での感染症対策はどのようになっているかと、心配されておる親御様がたくさんいらっしゃいました。神社では換気や除菌、空気清浄機の設置のほか職員のマスクの徹底、参拝者との衝立を設け対策は万全です。今後は自動体温検知機を導入し安心してご参拝できるよう対応してまいります。
拝殿内は広く、密にならずに参拝ができます。最大30組の祈願が同時にできますが、混んだ場合人数制限させていただくことがありますのでご了承いただければと思います。これから寒くなりますので温かい格好での参拝をお勧めしております。

また、10月から長い間利用を停止しておりました、手水舎が利用可能となりました。コロナ対策の為、水を柄杓で受けて使用する形から流水でのお清めに変更しました。水はこれまで通り地下水を利用しておりますので蔵王連峰からの伏流水で心身ともにお清めいただけます。(豊)
山形縣護國神社
〒990-0053
山形県山形市薬師町2丁目8-75
TEL:023-631-5086
FAX:023-624-8466
---------------------------------
祈祷・祈願
---------------------------------
2
7
2
8
4
2
TOPへ戻る