本文へ移動

社務日誌

ブログ

雪囲いの季節

2020-11-22
 山形市の東にそびえる一際高い峰が瀧山(りゅうざん)で、蔵王連峰の中でも山形市からの眺めの美しい峰として古来から親しまれてきました。この瀧山に三度雪が降ると里に初雪が降る、と言われ、今年もはやそうした季節となりました。

 今週は冬の風物詩、境内の雪囲いが終わりました。先週より寒さも和らいだ早朝より、庭師の方々が長い支柱を次々と運び込み、目も眩むような高さへ身軽に登っては天辺から縄を張り、一本一本丁寧に仕上げていくのでした。等間隔に張られた縄は誠に見事なもので、まさに職人技です。

 雪囲いを終えると冬の足音も一層近付いたように感じますね。週末の連休は今年の七五三詣のピークを迎え、いよいよ年末がやって参ります。折りしも、新型コロナウィルスの第3波が急速に感染を広げる昨今、皆様どうぞ予防に努めてご自愛ください。(千)
山形縣護國神社
〒990-0053
山形県山形市薬師町2丁目8-75
TEL:023-631-5086
FAX:023-624-8466
---------------------------------
祈祷・祈願
---------------------------------
3
1
0
0
0
4
TOPへ戻る