本文へ移動

社務日誌

ブログ

大寒を過ぎました。

2021-01-23
境内も雪に覆われています。
冬の空です。
早いもので1月も下旬となりました。
今年は幅広い期間での参拝をお願いしたところ、皆様のご協力で密を避けた年末年始とすることができました。
気が付けば1月20日は大寒でした。
一年のうちでもっとも寒い時期といわれております。
しかし放射冷却で朝は冷え込みましたが、日中は日が差して暖かくなりました。
小寒の氷、大寒に解く、ということわざがあります。
最も寒いはずの時期に氷が解けることから、転じて物事が順序通りにいかないことをたとえています。
異例ずくめの年始でしたが、今後どうなっていくのかが心配なところです。
しかし大寒を迎えたということは、次は立春を迎えることとなります。
寒い冬の後には温かい春が来る。
そう考えて、ゆっくりですが物事を良い方向に進めていければと思います。
感染症で大変な時期ですが、できるだけ明るいことを考えていきたいですね。
寒ざらしそばの準備のニュースも聞いています。
密や感染リスクを避けながら、おいしいものを食べて元気になりたいですね。(深)

山形縣護國神社
〒990-0053
山形県山形市薬師町2丁目8-75
TEL:023-631-5086
FAX:023-624-8466
---------------------------------
祈祷・祈願
---------------------------------
3
0
9
9
8
8
TOPへ戻る