本文へ移動

社務日誌

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

新緑が眩しい5月

2020-05-08
薬師公園も綺麗です
鳥居とソメイヨシノの若葉
馬酔木の新芽はピカピカに光ってます
5月になりました。 境内の木々、薬師公園、見渡せる山々はすっかり緑に覆われて、空気もとてもさわやかなように思います。 つつじの花も咲き始め、まもなく春季例大祭なのだな、という気持ちにさせられます。
 
来週5月11日、山形県護国神社春季例大祭が斎行されます。すでに案内をしております通り、本年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年ご参列いただいておりますご遺族、崇敬者の皆様の健康と安全を最優先に考え、神職・巫女だけで奉仕させていただくこととなりました。職員一同心を込めて御霊の慰霊と顕彰のため謹んで奉仕させていただきたいと思います。
 
例年であれば、5月8日から植木市が始まり、神社周辺は朝から慌ただしく、当神社職員も例大祭に向けた準備と、社頭のご奉仕で忙しくさせてもらっておりました。しかし、昨今の事情で植木市は中止、境内は静かで社務もそこまで慌ただしいこともないようです。そのせいか境内から見える新緑を落ち着いた心持で見ることができ、それがとても新鮮に思います。
 
このような感覚も大事にしながら、新型コロナウイルス感染の終息を祈り、来る春季例大祭は滞ることなく奉仕できるよう準備したいと思います。(阿)

桜と#おうち時間

2020-04-29
狛犬と桜
境内の枝垂れ桜
電車と桜
 私の住んでいる町でも、桜が散り始め吹雪いたるところで見ることができます桜
散ってしまうのは寂しい気もしますが、桜は散り際までも美しいですよね。
自粛ムードで桜をゆっくり見られなかった方も多いと思いますので、桜の写真を載せたいと思います。
来年も護国神社の桜は綺麗に咲いてくれると思いますので、またお待ちしておりますきらきら
 
 最近ではハンドメイド家庭菜園が流行っているようですいちご
家で過ごす時間が増えて新しいことにチャレンジすることが出来るのは、悪いことばかりではないかもしてませんねきらきら
私は押し花を使って栞作りを始めました桜
小さい頃は四葉のクローバーを探しによく出かけて、辞書に挟んでいましたが、花で作るとなると難しくて苦戦しております…数を重ねれば上手くなるかな?まいった顔
桜も押し花にしたので、大事に使っていこうと思います!
 
 暗い話題も多く憂鬱になってしまいがちですが、来年や何年か後の自分に楽しみをとっておく色とりどりのきらきらと考えております。
家での時間が多いと運動不足になってしまう方も多いと思いますので、適度な運動を心がけていきたいですねきらきら  (安)
 
 
 

桜散る

2020-04-25
早朝に消毒する神職
御祈祷用マスク(手作り)
境内の桜は紅枝垂れ以外散ってしまいました。さみしいものです。今年は新型コロナウィルス感染症の影響で花見自粛で境内の一部を封鎖する事態になりました。毎年多くの花見客が集まり賑わいをみせるのですが。。。来年ぜひ今年の分までご覧いただければと思います桜
 
さて、桜が咲き終わると葉が出てきますが、これにハマキムシがついて葉を丸め食害し、美観も損ねます。当社では神職自ら桜の消毒を行い、景観を維持しているのです。参拝者がお参り来ても、境内が毛虫でいっぱい!青ざめた顔は申し訳ないですよね。気持ちよく参拝できるよう境内整備はとても重要なのです。因みに桜の散る時期はバラバラなので、この時期は数回に分けて消毒します(農家になれそう…。)
 
新型コロナウィルスが猛威を振るっております。日本全国に緊急事態宣言が発令され5月6日までは自粛の日々を送らなければなりません。そんな中でもどうしてもご祈願を申し込みたいという崇敬者の声が多く、当社では安心安全でご奉仕できるよう様々な対応行っております。予約制で混みあうことのない拝殿でマスク着用にて静かに厳かな祈願奉仕に取り組んでおります。
また、神職、巫女の安全も確保しなければならないので、マスクを着用させていただきますことご了承願います。端正な顔立ちをお見せできないのが残念ですが、疫病収束の後は皆様と笑顔でお会いできることを楽しみに精進してまいります。(豊)
 
 
 
 

四月から入社しました

2020-04-13
この度、山形県護国神社に入社いたしました新人巫女です。本日より、こちらのブログの方を書かせていただきます。まだまだ至らないところが多いですが、御祈祷をはじめ、舞の練習や掃除など、精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。きらきら
 
四月に入り、ややしばらく。慣れなかった着物や雪駄にも慣れ始めてきました。
暖かい春の日差しに誘われるように、ヒメオドリコソウタンポポなどの春の花たちも花開き、境内も色鮮やかになりました。桜
また、その花たちにつられるように、モンキチョウミツバチなどの生き物たちも目を覚ましたようで、だんだんと賑やかになってきました。
最近は、夕暮れ時の空に金星が光り、境内がより一層幻想的に映ります。
 
春の陽気が訪れ、厚手の冬物を着る機会も減りつつありますが、まだ朝晩は肌寒く、急に冷え込む日もままあります。風邪インフルエンザ新型コロナウイルス等にかからないよう、手洗い・うがいをするなど、体調管理には細心の注意を払いましょう。(中)

桜が見頃を迎えました

2020-04-07
桜の視察?
南側の桜は濃い目のピンク色
満開のしだれ桜
本日、参道のしだれ桜が見頃を迎えました。境内の桜にはいくつか種類があり、一番最初に開花するのがこちらの桜です。
山形県護国神社は桜の名所とのいわれを守るため、10年程前に弱くなっていた桜をこのしだれ桜に植え替えてから、ようやくここまで成長しました。去年までは支柱で支えられておりましたが、枝も自立するようになり、今年の春から桜だけをご覧いただけるようになりました。
しかし、今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、外出が困難かと思われます。桜の様子は、お写真でしかお楽しみいただけないと思いますが、ご安心ください。護国神社の桜はまだまだ成長過程にあります。今年よりも来年、来年よりも再来年、もっともっときれいに咲きます。その時を楽しみに、今は耐えて、ますますきれいに咲いた桜をご覧いただきたいと思います。(井)
こちらではお便りやお知らせのダウンロードができます。
ブログでは神主と巫女から神社の奉務日誌や思い、趣味などをお伝えいたします。

▼お気軽にお問い合わせください

山形縣護國神社
〒990-0053
山形県山形市薬師町2丁目8-75
TEL:023-631-5086
FAX:023-624-8466
---------------------------------
祈祷・祈願
---------------------------------
2
6
7
8
2
6
TOPへ戻る