本文へ移動

社務日誌

ブログ

大寒を過ぎました。

2020-01-25
雪のない一月
蕎麦の実
今年の冬はどうしたことか、雪の大変少ない冬となっております。
寒の入りを迎えても山にあまり雪がなく、葉を落とした木々が寂しげに立っているのがわかるくらいです。
年末年始に雪がなく、神社としては助かっておりましたが、このまま雪のない冬となってしまうのではないかと心配しております。
1月20日は大寒でした。
毎年大寒の日に、寒ざらしそばの仕込みが行われます。
年の内で最も寒いこの時期の水に晒すとそばの甘味が増し、美味しくなると言われております。
冷たい水にさらされたそばの実は、立春の後に寒風にさらされ、下処理をされます。
春頃に美味しいそばになるために、寒い中の厳しい仕込みが必要なようです。
人も立派になるためには、厳しさを味わわなければいけないのでしょう。
今年は暖冬ですが、おいしいそばが食べられるよう、楽しみにしております。(深)
山形縣護國神社
〒990-0053
山形県山形市薬師町2丁目8-75
TEL:023-631-5086
FAX:023-624-8466
---------------------------------
祈祷・祈願
---------------------------------
2
6
7
8
2
6
TOPへ戻る