本文へ移動
山形縣護國神社
〒990-0053
山形県山形市薬師町2丁目8-75
TEL:023-631-5086
FAX:023-624-8466
---------------------------------
祈祷・祈願
---------------------------------
2
4
8
8
5
4

社務日誌(ブログ)

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

束の間の雪景色

2020-03-24
冬に逆戻り?
雪解け
彼岸も過ぎて
春の彼岸も開け、暖かい日が続いていました。
このまま穏やかな日が続くと思っておりましたが、そうは問屋が卸さなかったようです。
朝起きてカーテンを開けてびっくりです。
一面の雪景色。
慌てて出勤し、境内の除雪を致しました。
久しぶりの積雪で、今日はどんなに天気が荒れるのだろうと心配をしておりましたが、昼前ごろから一転、青空がのぞく天気となりました。
あっという間に淡雪は解け、いつもの境内の景色を取り戻しています。
一瞬の冬景色でした。
名残雪だったのでしょうか。
過ぎゆき冬を惜しみつつ、来る春に希望を持ちたいと思います。
皆様、今回のように突然雪が積もることがありますので、タイヤの交換は十分お気をつけください。(深)

もうすぐ四月です。

2020-03-19
受付に飾っている花です!
最近は暖かくなり、もう雪も降らなそうですね。花粉も飛んでいるようで、もうすぐ春の花も咲きそうです。先日はギリシャで東京オリンピックの聖火リレーがいよいよ始まりました!日本でリレーが始まるのが楽しみですね!今は感染症も流行っており心配なところもありますが、早く収まってオリンピックが盛り上がることを願っています。もうすぐ四月ですので、当神社でも境内を清掃し、すがすがしい気持ちで新年度を迎えたいと思います。(佐)

春はもう目の前に

2020-03-14
今年はほとんど雪が降らず、あまり除雪作業をすることもなく春を迎えようとしております(ホイールローダーを使っての境内除雪は2回だけでした)。
桜のつぼみも膨らんでいるようで、例年行っている境内樹木への消毒も早めに行いました。
よく効いてくれて、毛虫などの虫がつかないといいです。
 
今週、東日本大震災から9年目の3月11日を迎えました。
当日は、慰霊と復興の祈りを胸に社頭の奉仕をさせていただきました。
当時あまりにも大きすぎる被害を目の当たりにして、朝起きて、仕事に出かけて、家に帰って、ご飯を食べて寝る、そしてそれを明日も明後日もずっと繰り返す、という日常というのは決して当たり前の事ではなくて、いつ何かがきっかけで一瞬で壊れてしまうことがある、ということを学びました。
しかし当時の思いは、平穏に暮らす日常の中で見えにくくなってしまいます。
3月11日、テレビやラジオで被災地の声を聴きながら、改めて今日一日を、ちょっとした出来事を大切にしたいと思いました。
 
話は変わり、先日、朝箒をもって駐車場の掃除をしていると、「コンコンコンコン」と木をたたく音が。
音の方を見ると、境内の桜の木に止まった鳥が、激しく頭を動かしています。
キツツキです!
しかし、写真を撮ろうとしたころには隣の薬師公園へ飛んでいきましたので、膨らみ始めたつぼみをつけた桜の枝をパチリ。
また、受付に飾ってある春らしい花も写真に撮りました。
春はもう目の前です。(阿)

ひな祭り

2020-03-04
3月に入り、徐々に暖かくなってきましたね。
日も長くなり、そして柔らかな風も吹き始めを感じております
制服の胸ポケットに花を挿した高校生たちを見かける日も多く、何年か前の自分の卒業式のことを思い出していました。
学生生活は人生の中ではほんの少しの期間ですが、今でも夢に出てくるほど鮮明で、色あせることのない思い出です。
 
 さて3月3日は『ひな祭り』でしたね
お雛様を飾り、ちらし寿司や蛤のお吸い物を食べてお祝いをされた方も多いのではないでしょうか?
最近では、ひな人形も陶器や小さく可愛いものも増え、ケーキでお祝いしたりなど多種多様になってきておりますが、女の子の健やかな成長と幸せを願ってお祝いする気持ちはいつの時代も変わらないですね
 
 今年の4月から新たに2人の巫女が奉仕することになりました
巫女装束も準備は終わり、新たなメンバーで新年度を迎えるのが楽しみです。
4月から新生活を始める方も多いと思いますが、お体に気をつけてお過ごしください (安)

ウィルス対策

2020-02-29
山形は雪のない日々が続いております。このまま春を迎えそうですね。
 
世の中は大変なことになっておりますね。新型コロナウィルスの蔓延で世界中で拡大防止に尽力しております。薬局ではマスクやアルコール消毒は売り切れ、日に日に不安が募るばかりです。人の集まるような集会やイベントは中止や延期に追い込まれ、経済に大きなダメージを与えており、小学校、中学校、高等学校の臨時休校による混乱など先行き不透明であります。
早く収束して平穏な日々がやってくることを願うばかりです。
神社でも早急に対策を考えておりましたが、崇敬者の方よりアルコール消毒の機械を奉納いただきました。なんとこれは市場に出ていない新製品らしく貴重なものであります。上に手をかざすと自動でアルコールが飛び出るもので、参拝者にも好評です。
 
いつもながら神社は篤い氏子・崇敬者の方方の支えがあり成り立ってるんだと感じます。
山形にはまだ感染者は出ておりませんが、神社内清潔に保ち参拝される方が安心できるよう対応してまいります。(豊)
 
こちらではお便りやお知らせのダウンロードができます。
ブログでは神主と巫女から神社の奉務日誌や思い、趣味などをお伝えいたします。

▼お気軽にお問い合わせください

TOPへ戻る