本文へ移動
山形縣護國神社
〒990-0053
山形県山形市薬師町2丁目8-75
TEL:023-631-5086
FAX:023-624-8466
---------------------------------
祈祷・祈願
---------------------------------
2
5
3
8
8
2

社務日誌(ブログ)

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

6月がやってきました

2020-06-05
停止中の手水舎
お見せできるはずだった花手水
いつの間にか咲いていました
 月が開けて6月を迎え、早いもので今年も上半期最後の月となりました。
 
 今年の上半期は何を置いてもまずは新型コロナウィルス感染症の問題だったと思います。日本でも学校の休校から緊急事態宣言発令まで瞬く間にことが進み、当神社でも授与所を閉鎖し御祈祷も組数を制限して密集を避ける等、目まぐるしく対応に追われました。例大祭等の祭典も異例の参列者無しの斎行と、異例づくしの数ヶ月となってしまいました。
 幸いにも山形県は早期に封じ込めに成功したのか、このブログを記している今日まで1ヶ月以上新規感染者の報告がありません。しかし、感染症予防のため4月に早急に利用停止した正面の手水舎は、現在も再開の目を見ずにおります。今年はInstagramを開始した事もあり、花手水にて涼やかに皆さんをお迎えするつもりでしたが…実に残念です。
 昨年の春は、山形市立第三小学校の皆さんがこの手水舎の隣の花壇にパンジーを植えに来てくださいました。植木市の頃にはすっかり根付いて、秋まで色とりどりに咲き乱れていたことを思い出します。実は植栽をして貰うにあたりパンジーの下の土を入れ替えて枯れないようにと手を尽くしておいたと言うのはここだけの話…ウィンクしたニンマリ顔
 
 そんな折、全く何もしていなかったパンジーの場所に気付けば今年も花が咲いておりました。僅かですが、残った根からいつの間にか芽を出していたのですね。昨年の花壇とは見違えるほど慎ましいながらも、白と藤色の花がしっかりと咲いております。
 草花の力強さに感心しながらも、着実に新しい時代、まずは感染症に負けない「新しい生活様式」を踏まえた社会を培っていかなくてはと思いました。 (千)

夏が近づいてきました。

2020-05-28
かわいらしい花が咲いていました!
ゴーヤのツタも日に日に伸びてきています。
5月も終盤に差し掛かり、20℃超える暑い日が多くなってきました。夏が近づいてきているんだなぁと感じられますね。
街中を見ると、道を行き交う車や、学校へ向かう児童・生徒がここ一週間ほどでぐっと増えました。緊急事態宣言が解除され、少しずつ元の生活に戻ってきていると感じられますきらきら
 
緊急事態宣言の解除に伴い、25日に免許センターの営業が再開されました。私事になりますが、先日ようやく免許を取得することができました!若葉マークうれしさの反面、また一つ、背負う責任が増えたことに気が引き締まります。次の休日にでも練習しようかと考えていましたが、免許取得の翌日に一人で通勤することに…。30分程度で着く道のりですが、なぜか一時間近くかかってしまいました。不安そうな顔ナビのおかげでなんとか神社にたどり着き、ほっと一安心。帰宅時も安全運転で行こうと思います。色とりどりのきらきら
 
最近、交通量が増えてきましたので、皆様もより一層安全運転を心がけて、事故のないようにしましょう!(中)

小満を迎えました。

2020-05-20
プランターに花を植えました。
綺麗なツルニチニチソウです。
山々が青々とし、身近な草花が綺麗な花を咲かせています。
迎え梅雨のような天気のなかで、木々の緑が美しく映えているように思えます。
今日は二十四節気の一つ、小満です。
先日、立夏を過ぎましたので、夏の二番目の節気となります。
小満、といっても何が小さく満ちるのか、という気になります。
夏の始まりの陽気が少しずつ満ちて来ることから、小満と呼ばれるそうです。
先日から徐々に暑さが増してきて、季節は本格的な夏に向かっているようです。
神社ではプランターに花やトマトを植え始めました。夏の暑さ対策として、ゴーヤを育てて緑のカーテンをする計画もあります。
境内ではツルニチニチソウが紫色の綺麗な花を咲かせています。
世の中はコロナウイルスで大変な状況が続いていますが、草花は毎年と変わらぬ営みを続けてくれています。
普段と違う息苦しさの中で、いつも通りのものがあるとほっとできるように思えます。
花や自然に元気をもらいながら、コロナウイルス対策をもう少し頑張っていきましょう。(深)

例大祭が斎行されました。

2020-05-12
例大祭奉仕
避難訓練・消火器練習
境内の白ツツジ
当神社東側の白ツツジが咲いてきました。見頃になると真っ白のツツジが並びますので、内苑から見るととても綺麗です。きらきら
さて、5月11日は当神社例大祭でした。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため参列を御遠慮いただき、少数で粛々と奉仕させていただきました。今年の巫女舞は浦安の舞三人舞でした!
また、その日午後から職員の避難訓練が実施されました。火災を想定した訓練でしたが、火災など起こらないよう気を付けていても、いざ起こってしまった時すぐ動けるように訓練は大事と思いました。消火器を持ったのは初めてだったので、いい経験でした!(佐)
 

新緑が眩しい5月

2020-05-08
薬師公園も綺麗です
鳥居とソメイヨシノの若葉
馬酔木の新芽はピカピカに光ってます
5月になりました。 境内の木々、薬師公園、見渡せる山々はすっかり緑に覆われて、空気もとてもさわやかなように思います。 つつじの花も咲き始め、まもなく春季例大祭なのだな、という気持ちにさせられます。
 
来週5月11日、山形県護国神社春季例大祭が斎行されます。すでに案内をしております通り、本年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年ご参列いただいておりますご遺族、崇敬者の皆様の健康と安全を最優先に考え、神職・巫女だけで奉仕させていただくこととなりました。職員一同心を込めて御霊の慰霊と顕彰のため謹んで奉仕させていただきたいと思います。
 
例年であれば、5月8日から植木市が始まり、神社周辺は朝から慌ただしく、当神社職員も例大祭に向けた準備と、社頭のご奉仕で忙しくさせてもらっておりました。しかし、昨今の事情で植木市は中止、境内は静かで社務もそこまで慌ただしいこともないようです。そのせいか境内から見える新緑を落ち着いた心持で見ることができ、それがとても新鮮に思います。
 
このような感覚も大事にしながら、新型コロナウイルス感染の終息を祈り、来る春季例大祭は滞ることなく奉仕できるよう準備したいと思います。(阿)
こちらではお便りやお知らせのダウンロードができます。
ブログでは神主と巫女から神社の奉務日誌や思い、趣味などをお伝えいたします。

▼お気軽にお問い合わせください

TOPへ戻る