本文へ移動
山形縣護國神社
〒990-0053
山形県山形市薬師町2丁目8-75
TEL:023-631-5086
FAX:023-624-8466
---------------------------------
祈祷・祈願
---------------------------------
2
4
9
3
7
2

社務日誌(ブログ)

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

桜が見頃を迎えました

2020-04-07
桜の視察?
南側の桜は濃い目のピンク色
満開のしだれ桜
本日、参道のしだれ桜が見頃を迎えました。境内の桜にはいくつか種類があり、一番最初に開花するのがこちらの桜です。
山形県護国神社は桜の名所とのいわれを守るため、10年程前に弱くなっていた桜をこのしだれ桜に植え替えてから、ようやくここまで成長しました。去年までは支柱で支えられておりましたが、枝も自立するようになり、今年の春から桜だけをご覧いただけるようになりました。
しかし、今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、外出が困難かと思われます。桜の様子は、お写真でしかお楽しみいただけないと思いますが、ご安心ください。護国神社の桜はまだまだ成長過程にあります。今年よりも来年、来年よりも再来年、もっともっときれいに咲きます。その時を楽しみに、今は耐えて、ますますきれいに咲いた桜をご覧いただきたいと思います。

入社奉告祭

2020-04-04
入社奉告祭 玉串拝礼
和やかに研修中
 4月を迎え、陽気も日に日に暖かさを増して今週は梅に続き、桜の開花の報が届きました。県内でも霞城公園を始めとする各名所が次々に開花を迎えている模様です。
 しかし世間は今般の新型コロナウィルスの感染が日を追う毎に増加し、悲報すら聞こえて来る始末。政府も連日「密閉」「密集」「密接」を避け不要不急の外出を控えるよう各メディアを通じて周知に努めるなど、予断を許さない春となってしまいました。
 
 そんな中ではありますが新年度を迎え、当神社でも新たに巫女が一名加わったことを目出度くきらきら御神前に御奉告する運びとなり、4月1日、入社奉告祭が執り行われました。
 フレッシュな新戦力を加えたことで社務にまた新しい風を、と期待しつつも、何分(なにぶん)一般とは異なる事の多い業種だと思いますので、頑張り過ぎず出来るだけ長く勤務してもらえたらと思います。
 
 本年もまた陽気の明るい春ではあるものの、疾病で経済・社会は大変な状況となっております。桜の花が例年通りに咲き誇るようにこの国難にあえぐ状況が一日も早く克服されますよう、毎朝祈念しております。 (千)

束の間の雪景色

2020-03-24
冬に逆戻り?
雪解け
彼岸も過ぎて
春の彼岸も開け、暖かい日が続いていました。
このまま穏やかな日が続くと思っておりましたが、そうは問屋が卸さなかったようです。
朝起きてカーテンを開けてびっくりです。
一面の雪景色。
慌てて出勤し、境内の除雪を致しました。
久しぶりの積雪で、今日はどんなに天気が荒れるのだろうと心配をしておりましたが、昼前ごろから一転、青空がのぞく天気となりました。
あっという間に淡雪は解け、いつもの境内の景色を取り戻しています。
一瞬の冬景色でした。
名残雪だったのでしょうか。
過ぎゆき冬を惜しみつつ、来る春に希望を持ちたいと思います。
皆様、今回のように突然雪が積もることがありますので、タイヤの交換は十分お気をつけください。(深)

もうすぐ四月です。

2020-03-19
受付に飾っている花です!
最近は暖かくなり、もう雪も降らなそうですね。花粉も飛んでいるようで、もうすぐ春の花も咲きそうです。先日はギリシャで東京オリンピックの聖火リレーがいよいよ始まりました!日本でリレーが始まるのが楽しみですね!今は感染症も流行っており心配なところもありますが、早く収まってオリンピックが盛り上がることを願っています。もうすぐ四月ですので、当神社でも境内を清掃し、すがすがしい気持ちで新年度を迎えたいと思います。(佐)

春はもう目の前に

2020-03-14
今年はほとんど雪が降らず、あまり除雪作業をすることもなく春を迎えようとしております(ホイールローダーを使っての境内除雪は2回だけでした)。
桜のつぼみも膨らんでいるようで、例年行っている境内樹木への消毒も早めに行いました。
よく効いてくれて、毛虫などの虫がつかないといいです。
 
今週、東日本大震災から9年目の3月11日を迎えました。
当日は、慰霊と復興の祈りを胸に社頭の奉仕をさせていただきました。
当時あまりにも大きすぎる被害を目の当たりにして、朝起きて、仕事に出かけて、家に帰って、ご飯を食べて寝る、そしてそれを明日も明後日もずっと繰り返す、という日常というのは決して当たり前の事ではなくて、いつ何かがきっかけで一瞬で壊れてしまうことがある、ということを学びました。
しかし当時の思いは、平穏に暮らす日常の中で見えにくくなってしまいます。
3月11日、テレビやラジオで被災地の声を聴きながら、改めて今日一日を、ちょっとした出来事を大切にしたいと思いました。
 
話は変わり、先日、朝箒をもって駐車場の掃除をしていると、「コンコンコンコン」と木をたたく音が。
音の方を見ると、境内の桜の木に止まった鳥が、激しく頭を動かしています。
キツツキです!
しかし、写真を撮ろうとしたころには隣の薬師公園へ飛んでいきましたので、膨らみ始めたつぼみをつけた桜の枝をパチリ。
また、受付に飾ってある春らしい花も写真に撮りました。
春はもう目の前です。(阿)
こちらではお便りやお知らせのダウンロードができます。
ブログでは神主と巫女から神社の奉務日誌や思い、趣味などをお伝えいたします。

▼お気軽にお問い合わせください

TOPへ戻る